妻がもたらしたもの...

05 /14 2007
三ヶ月ぶりの妻の笑顔。これは言うまでもなく一番嬉しかったです。が、それだけじゃなかったんですね、彼女がもたらしたものは...通販で買った服をしっかり持ってきてくれました(笑)

まず一つ目。憧れだったINCOTEX(インコテックス)のパンツ。寸法だけ見ると股上が浅くてかなり細身のタイプなんですが、穿いてみてビックリ、すごく穿き易いんですよね。シルエットは言うまでもなくキレイなんですが、穿き心地を犠牲にしない辺りはさすがです。(これはモデルさんです。)
incotex
二つ目。以前紹介した東京ライフで購入したDISCIPLE(ディサイプル)のカーゴパンツです。こちらも股上浅めのスッキリしたシルエットです。裾にジップがついていて、開けると若干フレア、閉めるとスキニーっぽくなって一粒で二度おいしいタイプです。(生地が思ったより厚かったのはちょっと誤算)
disciple

三つ目。上のどちらにも合うかなと思って選んだピンクの7分袖シャツ。unus entil(ユナスアンティル)という日本のブランドです。襟元がガバッと開いてるのが特徴なんですが、さすがに素肌に着る自信はないので、中に着るカットソーをこちらで物色中です。
unus entil

最後にイギリスのANGLO(アングロ)というメーカーのメッシュベルト。メッシュベルトはいろんなところから出ていて迷ったんですが、ところどころにステッチが入っていてドレス過ぎないのでイイ感じです。上の二つのパンツのどちらにでも合わせられます。
anglo

さて、服と一緒に束の間の幸せをもたらしてくれた妻ですが、わずか5日間の滞在で帰っていきました。次に会えるのは3ヶ月後。それまではスカイプで我慢です。服のほうはこちらでいいお店を見つけなくちゃなーと思う今日この頃です。





スポンサーサイト

ルーレイ洞窟 (LURAY CAVERNS)

05 /13 2007
luray cavern
前にもちょっと書きましたが、ウチの奥さんがゴールデンウィークに遊びに来ました。ワシントンというとスミソニアンに代表される博物館、美術館が観光名所としては有名なのですが、ウチの人はあんまりそういうの興味ないんです。そこで今回彼女を連れて行ったのがウチから車で1時間半ほどで行けるシェナンドー国立公園です。

あいにく、天気があまり良くなくて彼女が好きなハイキングは出来なかったんですが、公園ほど近くにあるルーレイ洞窟、これには感動しました。このウェブページを見ていただければ分かると思うんですが、一時間のツアー中いろんな鍾乳石が次々に現れて全く飽きることがありません。日本でも鍾乳洞には幾つか行ったことがありますが、これほど鍾乳石が密集してるのは見たことありません。前の週に行ったNYの摩天楼を連想させます。

残念ながらこの洞窟までは公共の交通手段がないので、車で行くしかないのですが、時間があればレンタカーを借りて観光するだけの価値ありです。ホント。

ニューヨーク初体験

05 /12 2007
ロックフェラーより
少し前になりますが、土日を利用してニューヨークに行ってきました。
せっかく東海岸に住んでるんだから一度は行っておかなくちゃってところですよね。ワシントンからは列車(Amtrak)で3時間半ほど、東京名古屋間ぐらいの距離です。地図上でみると近そうに見えるんですが、結構あるもんですね。

今回一番印象に残ってて、皆さんにお勧めしたいのがロックフェラーセンターの展望台です。かの有名なエンパイアステートビルの展望台よりは低いのですが、当然ながらそこからは見れないエンパイアステートビルが望めるのが魅力です。最近20年ぶりくらいで再オープンしたらしく未だあまり知られていないのか待ち時間はゼロ(同じ時間帯のエンパイアは90~120分待ち)、上に登ってももゆーっくりNYの眺望を楽しめます。

今回は時間がなくてたくさんは回れなかったのですが、NYにはアメリカ滞在中にもう2、3回は行けたらいいなと思ってます。

この場を借りて今回お忙しいところNYを案内していただいたしげさんに心から感謝いたします。ありがとうございました。

あつすけ

☆ 横浜市在住
☆ ねずみ年の文化の日生まれ
☆ モノ好き、イヌ好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。